就職サポート

就職サポート

クラス担任、就職課、教務課・学科教員が
スクラムを組んで強力サポート

就職サポート

全国に展開する学園の就職力。卒業後も就職を支援します。

全国に展開する学園の就職力

メッセージ(2018年3月卒業生)

【アンケート】
①療法士をめざすきっかけは? ②この学校を選んだ理由は? ③就職のための対策は? ④国家試験のための対策は? ⑤入学希望の方に一言

就職先:
札幌佐藤病院

原田 桃子さん作業療法学科(夜間部)
札幌東商業高等学校出身

  • 家族の病気がきっかけです。障がいがある人でも豊かな生活が送くれるよう、寄り添う存在になりたいと思いました。
  • 昼間働き夜に通える学校であること。オープンキャンパス参加時に熱い先生がいたことが決め手でした。
  • 就職活動が本格化する3年生は、実習も忙しくなる時期。必要書類等の準備や情報収集は早めに行動すること。
  • 本番同様の模擬試験が複数回あり、自分の傾向が分かります。グループ学習と自己学習で繰り返し復習しました。
  • 知識が増えると視野が広がり楽しいです。親身にサポートしてくれる先生や仲間がいるので、困ったときも乗り越えられます。

就職先:
札幌白石記念病院

浅野 陽さん作業療法学科(昼間部)
稚内高等学校出身

  • 手先が器用だからと家族に勧められたのがきっかけです。学んでいくうちに、より一層作業療法という仕事に惹かれました。
  • 社会人からの入学で早く働きたいという気持ちもあり、3年制が決め手でした。アクセスの良さも魅力。
  • 就職説明会などでは、笑顔で挨拶や返事をすること。積極的に質問することで先方に好印象を残すことです。実習中に就職活動をしましたが先生方の協力で、どちらも安心して取り組めました。
  • 勉強すべき範囲が広いので、問題を解いて教え合うなど周囲の人と協力して取り組むことです。
  • 勉強はもちろん不安なことがあっても、先生方が親身に相談に乗ってくれます。安心して有意義な三年間を送ってください。

就職担当者からのアドバイス

 

就職課長 三浦 雄司
高い意識で内定を勝ち取るために!
 「就職する」と言うことは社会の一員として活躍する第一歩であり、ゴールでなくスタートです。この大切なスタートを切るために、学内合同就職説明会、就職相談、求人情報の提供、履歴書作成・面接指導などを行っています。
 国家試験に合絡できる知識・技能を早期に備えるとともに、高い意識をもって第一志望の病院・施設様から内定をいただくためにご利用ください。